THK住宅査定システム

現在木造住宅は建築時から20ないし25年経つと市場価値はほとんどがゼロ査定評価となり、良質な住宅ストックであっても適正に評価されず、維持管理・リフォームを行うインセンティブが働かない悪循環構造に陥っており、中古住宅の流通を阻害する大きな要因となっています。

広島良質住宅整備促進協議会は、この状況を改めるべく新たな査定システムとして『THK住宅査定システム(広島版)』を開発しました。(Tは『的確』Hは『普遍性』Kは『公正』の頭文字) 既存住宅の査定・評価システムは現在、不動産鑑定士協会連合会策定の「JAREA HAS」(既存戸建住宅建物積算価格査定システム)と、宅地建物取引士が使用する「既存住宅価格査定マニュアル」が存在していますが、より使いやすく、(売りたい・買いたい)消費者に分かりやすいシステムとして、本協議会と一般社団法人建設物価調査会(東京)および一般社団法人TOKYO住まいと暮らし(東京)の3団体が、連携し共同開発したのがこの『THK住宅査定システム』です。

これに広島の地域性を織り込んだので、名称を『THK住宅査定システム(広島版)』としました。
実査は、建物のことを最もよく理解していると思われる建築士が住宅診断(インスペクション)とともに実施(住宅査定料は無料)し、土地の評価には不動産鑑定士が当たります。 また査定価格は、従来慣行となっている一括価格ではなく、土地と建物を分けて表示・報告します。これにより、それぞれの価格が分かり、消費者には大きなメリットとなります。
仕組の概要、システムのメリットは次の通りです。